ドラマの立役者

ドラマのキャストや演技にスポットをあてたメディア

IQ246〜華麗なる事件簿〜 キャスト&相関図

      2016/10/18

2016年10月16日スタートのTBS系日曜日21時の枠は、日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」です。原作のないオリジナル脚本で、2009年度の「TBS連ドラ・シナリオ大賞」で入選を果たしている「泉澤 陽子」が手がけています。

物語は難問が大好物なIQ246の博識の天才が、持ち前の知識と推理力で難事件を次々に解決する本格ミステリーです。また、この主人公の家系は代々あらゆる学問に精通するという設定です。

この主人公を演じるのが青島刑事でおなじみの「織田 裕二」です。熱血漢の印象が強い彼が、今までにない役への挑戦でどんな演技をみせるのか非常に楽しみです。他にも人気上昇中の若手女優「土屋 太鳳」をはじめ、逆輸入俳優として注目されている「ディーン・フジオカ」、さらには主演やヒロインがあたりまえの演技派女優「中谷 美紀」が選ばれています。

「篠井 英介」や「寺島 進」といった演技派の大ベテランから「新川 優愛」といった人気の若手も選ばれており、申し分のないキャスト陣となっております。

また、スタッフ陣に関しては脚本担当の「泉澤 陽子」とチームを組んだ経験のあるメンバーが選ばれており、慣れたチームワークで製作を進められるのが特徴です。また、それぞれが刑事ドラマやミステリードラマの経験が豊富で本作にはバッチリなメンバー構成となっています。

iq246-diagram

法門寺 沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)

スポンサーリンク


法門寺家の89代当主。この名家は代々長男がIQ246の頭脳を受け継いでおり、沙羅駆もまたIQ246の天才で犯罪研究を中心に様々な学問を学んでいる。大好物は難題で、常に自分が解くにふさわしい難題はないかと暇そうにしている。

織田 裕二

「踊る大捜査線」シリーズの青島刑事の印象が強い俳優ですが、実は数々のドラマで主演を張っています。ちょっぴりふざけた熱血漢といった役がハマっている印象で、今回は頭脳明晰の天才肌の役ということで本人にとっても挑戦的な役どころかと思います。またドラマ出演自体、実に2年ぶりで期待が高まります。

代表作
  • 奇跡の教室
  • ラストクリスマス
  • 踊る大捜査線
  • 東京ラブストーリー

和藤 奏子(わとう そうこ)

警視庁捜査一課。法門寺家当主である沙羅駆の護衛担当。この護衛担当に配属されたものはみな1ヶ月以内に辞職しているという噂を聞いており、謎をかかえたまま配属先へ向かったものの、沙羅駆の変人ぶりに翻弄され、その実を知ることとなる。

土屋 太鳳

デビューして数年の若手女優。デビュー後間もなく注目を浴びるようになり、ここ数年は朝ドラや民放の人気枠で主役やヒロインに選ばれるほどになっています。言いたいことはハッキリと言う直情型の役が多く、この役どころで評価が高い。今回は目標の一つだった刑事役ということで意気込みも強いです。

代表作
  • お迎えデス。
  • 下町ロケット
  • まれ
  • 鈴木先生

89代目 賢正(けんせい)

法門寺家に代々仕える89代目の執事。沙羅駆のことは心から尊敬している。人格者でもあり、沙羅駆が迷惑をかけたあとに陰ながらフォローして人間関係を保っている。また、類稀なる運動能力を持っており、ボディーガードとしても優秀。さらに沙羅駆ほどではないが推理力にも長けていて、謎解きのヒントになりそうな発言をすることもあるが、沙羅駆は意地でもその意見を認めない。

ディーン・フジオカ

香港や台湾で活躍をしていた逆輸入俳優。最近は「あさが来た」で爆発的な人気を獲得し、日本での活躍も増えている。
ただ、人気とは裏腹に演技力については批判の声が多いです。演技力は数本程度ではまだまだわからないですし、今回は執事の役ということで雰囲気にもあっています。また、アクションシーンに関しては評価が高く、アクションの多い役ということで悪評を払拭するチャンスになる可能性があります。

代表作
  • ダメな私に恋してください
  • あさが来た
  • 探偵の探偵

森本 朋美(もりもと ともみ)

法医学専門の監察医。沙羅駆の推理力の虜となっており、どんな無理難題も融通してしまう。ビーカーで食事をしたりと沙羅駆ほどではないものの変人の気質がある。

中谷 美紀

数々の受賞歴を持つ演技力抜群の名女優。主演やヒロインに何度も起用されており、もはやどんな演技でも高いレベルで演じることができる演技力を兼ね備えています。とりわけ、女医の役は経験が多く今回の役にはこれ以上ないキャスティングと言えそうです。

今回は性格が変わり者ということで、自身が「法門寺に匹敵するくらいの変態ぶりを静かに発揮できたらと思います。」とコメントしています。

代表作
  • 私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
  • 軍師官兵衛
  • 嫌われ松子の一生
  • 電車男
  • ケイゾク

山田 次郎(やまだ じろう)

捜査一課の刑事。キラキラの学歴を持つ超エリート。しかし、地味な名前であるため沙羅駆からいつまでたっても名前を覚えてもらえない。

演 - 宮尾 俊太郎

バレエダンサーとして活躍しており、CM出演をきっかけに脚光を浴び、ドラマへ何度か出演した経験がある。

今市 種子(いまいち たねこ)

捜査一課の刑事。山田のコンビ。名前にコンプレックスを持っている。沙羅駆の才能には一目置いている。

演 - 真飛 聖

宝塚出身の女優。退団後も少しずつちょっとした脇役で出演を続けている。

代表作
  • わたしを離さないで
  • 遺産争族

法門寺 瞳(ほうもんじ ひとみ)

沙羅駆の異母兄妹。知能は普通のお嬢様。奏子とは仲良くなり、賢正に対しては好意を抱いている。

演 - 新川 優愛

グラビア、モデルとして活躍しており、近年は女優としての活動に力を入れ、レギュラー出演作を着実に増やしている。

代表作
  • グ・ラ・メ!~総理の料理番~
  • お義父さんと呼ばせて
  • 35歳の高校生

足利 尊氏(あしかが たかし)

森本朋美のアシスタント。

演 - 矢野 聖人

ゲスト出演が中心の若手俳優。

代表作
  • リーガル・ハイ

棚田 文六(たなだ ぶんろく)

警視総監。賢丈を学生の頃からライバル視しているため沙羅駆に事件を解決されることが気に入らない。そのため、護衛という名目で奏子を送り込み捜査に首を突っ込まないよう監視させている。

演 - 篠井 英介

30年近く名脇役として活動している大ベテラン俳優。インパクトのあるルックスと抜群の演技力が評価されているのが長年にわたり重宝されている理由です。

代表作
  • 下町ロケット
  • まれ
  • 鹿男あをによし

88代目 賢丈(けんじょう)

賢正の父親。沙羅駆の育て親でもある。沙羅駆を実の息子のように可愛がっており、沙羅駆また法門寺家の将来を我が事のように心配しており、沙羅駆には身を固めて一子相伝の知識を後世に残して欲しいと願っている。

演 - 寺島 進

刑事ドラマを中心に長年活躍を続けているベテラン俳優。能力が高く頼りになる役どころで起用されることが多い。今回も主人公の育て親という役どころで、間違いなく得意なポジションであり、安定した好演が期待できそうです。

代表作

あわせて読みたい記事

IQ246〜華麗なる事件簿〜 キャスト&相関図... 2016年10月16日スタートのTBS系日曜日21時の枠は、日曜劇場「IQ246...
ドクターX~外科医・大門未知子~第4シリーズ... 2016年10月13日スタートのテレビ朝日系木曜日21時の枠は、木曜ドラマ「ドク...
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 キャスト&相関図... 2016年10月11日スタートのフジテレビ系火曜日21時の枠は「メディカルチーム...
THE LAST COP/ラストコップ キャスト&相関図... 2016年10月8日スタートの日本テレビ系土曜日21:00の枠は、土曜ドラマ「T...
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 キャスト&相関図... 2016年10月5日スタートの日本テレビ系水曜日22時の枠は、水曜ドラマ「地味ス...
夏目漱石の妻 キャスト&相関図 2016年9月24日スタートのNHK系土曜日21時の枠は、「夏目漱石の妻」です。...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - IQ246〜華麗なる事件簿〜